生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Windows 10 標準メールの基本設定

Windows 10 標準メールの基本設定

はじめに
Windows10メールは他のメールソフトとは異なる点があり、以下の注意点をご理解の上、設定をお願いいたします。

受信時にメールサーバからメールを削除することができません。
POPの設定のように「メールを○○日間残す」などの設定もできません。
このため、Windows10メールでは不要なメールを定期的に削除するようにしてください。

Windows10メールは、POP3で設定しても、アプリの仕様上サーバーと同期を取る形でメール情報を取得します。
このため、利用しているPCに受信したメールを保存することができません。
受信後にアプリ上でメールを削除して同期した場合はサーバ上の該当メールも削除されます。
削除された過去のメールは、再び確認することができません。
メールの削除は慎重に行ってください。

1 ) メールアプリを起動します。

[スタート] をクリックし、[メール] を選択します。

2 ) アカウントの設定

左下の「設定」をクリックします。
右ペインの「アカウントの管理」 をクリックし、「アカウントの追加」 をクリックします。

3 ) メール設定

アカウントの選択で「詳細設定」を選択します。

「インターネット メール」を選択します。

4 ) 受信メールサーバ、送信メールサーバの設定

メールアドレス:
利用するメールアドレスを入力します。
例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp
※「ニックネームアドレス」「SINGSメールアドレス」を取得されている場合にはそれらを入力します。
ユーザー名:
アカウント通知書に記載されている受信用ユーザー名を入力します。
例:ma10001a
※初期状態では電子メールアドレスの一部が入力されています。必ず入力し直してください。
パスワード:
パスワードを入力します。
アカウント名:
アカウント通知書に記載されている受信用ユーザー名を入力します。(全角入力可能)
例:ma10001a
この名前を使用してメッセージを送信:
メール送信の際、相手側に表示される名前を入力します。(任意)
例:生協太郎
受信メールサーバー:
アカウント通知書に記載されている送信・受信用メールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp
アカウントの種類:
「POP3」 を選択してください。
メールの送信(SMTP)サーバー:
アカウント通知書に記載されている送信・受信用メールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp
送信サーバーには、認証が必要です:
チェックマークを入れます。
送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する:
チェックマークを外します。
送信サーバーのユーザー名:
アカウント通知書に記載されている送信用ユーザー名を入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースにかかわらずアカウントの後ろは「@seikyou.ne.jp」となります。
送信サーバーのパスワード:
パスワードを入力します。
受信メールにはSSLが必要:
チェックします
送信メールにはSSLが必要:
チェックします
「サインイン」ボタンをクリックします。

「完了」をクリックします。

5 ) 同期設定

左下の「設定」をクリックします。
右ペインの「アカウントの管理」 をクリックし、作成したアカウントをクリックします。

「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。
※「メールボックスの同期設定を変更」が選択できない場合は、パスワードを再入力してください。

ダウンロードするメールの期間:
「すべて」を選択します。
「メールボックスの詳細設定」ボタンをクリックします。

「メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う」にチェックマークがついている場合は、チェックマークを外します。
「完了」ボタンをクリックします。
「保存」ボタンをクリックします。

注意
Windows10メールは他のメールソフトとは異なる点があり、以下の注意点をご理解の上、設定をお願いいたします。

受信時にメールサーバからメールを削除することができません。
POPの設定のように「メールを○○日間残す」などの設定もできません。
このため、Windows10メールでは不要なメールを定期的に削除するようにしてください。

Windows10メールは、POP3で設定しても、アプリの仕様上サーバーと同期を取る形でメール情報を取得します。
このため、利用しているPCに受信したメールを保存することができません。
受信後にアプリ上でメールを削除して同期した場合はサーバ上の該当メールも削除されます。
削除された過去のメールは、再び確認することができません。
メールの削除は慎重に行ってください。

以上で設定は終了です。

各種ソフトウェアの設定