生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

<はじめてのセキュリティ対策>
~無線LAN環境構築時の注意

ブロードバンドの普及に伴い、無線LANで複数のパソコンでインターネットを利用する方も増えてきています。
製品の性質上、主にフレッツ光やフレッツADSLなどの高速回線利用時に用いられますが、有線での接続とは異なり、下のようなメリットがあります。
  • ケーブルを張りめぐらせる手間が無い
  • 接続したまま自由に移動ができる
しかし、無線LANには次のような危険性も存在します。
  • 通信内容の盗聴
  • 無線LANの不正利用
これらの危険性に注意し、無線LANセキュリティの対処を行いましょう。

【どうすればいいの?】

まずは・・・無線LANアクセスポイントの設定を、工場出荷状態から必ず変更しましょう。
設定項目 設定内容 備考
SSID*1 工場出荷状態のSSIDから変更する SSIDは機種や使用者を推測しにくい値に変更しましょう
認証方式 WPA2-PSKを選択 WPAのみのタイプは、WPA-PSKを選択します。
暗号化方式 AESを選択 TKIPは選ばずに、AESを選択します。
セキュリティキー 初期設定(10文字程度)から変更する 60文字程度まで

*1:SSID(Service Set ID):アクセスポイントを識別するためのID。この文字列にはセキュリティ効果はありません。

複数台の無線対応機器をご利用の場合、機器の中で一番低い機能しかない機器に、設定をそろえなくてはなりません。最近では、複数の認証方式を混在させることのできるルータが販売されています。ゲーム機を混在させる場合には、そのようなルータを導入すると良いでしょう。


従来使われていました、WEP・MACアドレス認証は、実質セキュリティ効果はありません。
上記WPA2-AESと、比較的長めの文字数でセキュリティキーを設定するのがよいでしょう。