生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Windows Live メールの設定確認画面

Windows Live メールの設定確認画面

【1.アカウント確認画面を開く】

接続ウィザードで作成したアカウントの内容について、確認・変更を行うための手順です。

Windows Live メールを起動します。

設定したアカウント名を右クリックし(1)、「プロパティ」をクリックします(2)。

※上記の手順がうまくできない場合は、下記の方法があります。

キーボードの「Alt」キーを押すと、メニューバーが表示されます(ファイル、編集、表示…という部分)。「ツール」(1)から「アカウント」(2)をクリックします。

生協インターネットのメールアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。

 

【2.設定内容を確認する】

「全般」タブをクリックし、次の項目を設定します。

名前:
自分の名前を入れます。
例:Taro Seikyou

電子メールアドレス:
「アカウント通知書」に記載された「電子メールアドレス」を入れます。
例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp
「ニックネーム」を設定し、こちらを使う場合は次のように入れます。
例:s-taro@ma1.seikyou.ne.jp
「SINGSメールアドレス」を設定し、こちらを使う場合は次のように入れます。
例:taro@sings.jp

メール受信時および同期時にこのアカウントを含める:
チェックします。

※メールアカウントの設定内容は、送受信には影響しません。判りやすい表記に変更しても構いません。

「サーバー」タブをクリックし、次の項目を設定します。

受信メール(POP3):
「アカウント通知書」に記載された「メールサーバー」を入れます。
例:ma1.seikyou.ne.jp

送信メール(SMTP):
「アカウント通知書」に記載された「メールサーバー」を入れます。
例:ma1.seikyou.ne.jp

ユーザー名:
「アカウント通知書」に記載された「アカウント」を入れます。
例:ma10001a

パスワード:
「アカウント通知書」に記載された「パスワード」を入れます。
※「クリア敵視と認証を使用してログオンする」を選択します。

このサーバーは認証が必要:
チェックマークを有効にし、続けて右横「設定」ボタンをクリックします。

「次のアカウントとパスワードでログオンする」を選択し、アカウント名とパスワードを入力します。

アカウント名:
アカウント通知書記載の「アカウント(8文字)」に「@seikyou.ne.jp」を付与して入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースにかかわらずアカウントの後ろには「@seikyou.ne.jp」を入力します。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

設定後、「OK」ボタンをクリックします。

「接続」タブをクリックし、接続方法を設定します。

接続:
「このアカウントには次の接続を使用する」のチェックを外します。

※このチェックを外すと、Internet Explorerで設定した接続方法が使用されます。

「詳細設定」タブをクリックします。

赤枠内を、必ず上図の通りに変更します。

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:
送信・受信共にチェックマークを入れます。
※受信側については、本項目と連動してポート番号が「995」に自動で変わります。

送信メール(SMTP):
「465」と入力します。

受信メール(POP3):
「995」と入力します。

サーバーのタイムアウト:
大きなメールが届いた際などは「サーバーのタイムアウト」の時間を長めに設定してください。

サーバーにメッセージのコピーを置く:
有効にした場合、サーバーに残すことが可能になりますが削除を行う期間を指定していない場合、メールボックスが超過状態となり新着メールが届かなくなります。
初期状態ではチェックマークが入っているため、ここではチェックマークを解除します。

以上で基本的な設定は終わりです。


各種ソフトウェアの設定