生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Windows Live メールの基本設定

Windows Live メールの基本設定

【1.Windows Live メール の起動】

スタートメニュー内のWindows Live メールを選択し起動します。

初めてWindows Live メール を起動したときに、自動的に設定に関するウィザードが表示されます。表示されない場合は、下記の手順で表示してください。

「保存フォルダー」下部の「無料・大容量 Hotmail 作成」をクリックします(項目名と異なり、Hotmailアカウントは作成されません)。

【2.メールアカウントの追加】

「電子メールアカウント」を選びます。順に電子メール設定に必要な項目を尋ねられますので、入力していきます。

次の項目を設定します。

電子メールアドレス:
「既存の電子メールアドレスを使用する」を選択し、「アカウント通知書」に記載された「電子メールアドレス」を入れます。
例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp
※「ニックネームアドレス」「SINGSメールアドレス」がご利用いただける場合には、それらをいれます。

パスワード:
「アカウント通知書」に記載された「パスワード」を入れます。

表示名:
相手に表示するための名称です。
例:Taro Seikyou

電子メール アカウントのサーバー設定を手動で構成する:
チェックマークを入れます。

「次へ」をクリックします。

電子メールサーバーに関する情報を入力します。

受信メールサーバーの種類:
「POP3」を選択します。

受信サーバー:
「アカウント通知書」に記載された「メールサーバー」を入れます。
例:ma1.seikyou.ne.jp

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:
チェックマークを入れます。
※同時に右横の「ポート」が「995」に変わります。

ログインID:
「アカウント通知書」に記載された「アカウント」を入れます。
例:ma10001a
※設定時点では電子メールアドレスの一部が入力されています。内容を消してからアカウントを入力します。

送信サーバー:
「アカウント通知書」に記載された「メールサーバー」を入れます。
例:ma1.seikyou.ne.jp

ポート:
「465」と入力します。

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要・送信サーバーは認証が必要:
ともにチェックマークを入れます。

「次へ」をクリックします。

入力が完了しました。「完了」をクリックします。引き続き設定を行います。

Windows Live メールの画面に戻りましたら、作成した設定名称を右クリックして(1)、「プロパティ」をクリック(2)します。

「サーバー」タブをクリックします。

このサーバーは認証が必要:
チェックマークを入れ(1)、続けて右横「設定」ボタンをクリックします(2)。

「次のアカウント(ユーザー名)とパスワードでログオンする」を選択し、アカウント名とパスワードを入力します。

ユーザー名:
アカウント通知書記載の「アカウント(8文字)」に「@seikyou.ne.jp」を付与して入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースにかかわらずアカウントの後ろには「@seikyou.ne.jp」を入力します。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

設定後、「OK」ボタンをクリックします。

「詳細設定」タブをクリックします。

赤枠内を、必ず上図の通りになっていることを確認してください。

サーバーにメッセージのコピーを置く:
初期状態ではチェックマークが入っています。メールサーバーが容量超過を起こす原因となるため、チェックマークを外すします。

以上で基本的な設定は終わりです。「OK」ボタンをクリックします。

各種ソフトウェアの設定