生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Thunderbird の基本設定

Thunderbird の基本設定

ここでは、Thunderbird で電子メールを送受信する基本的な方法を解説します。くわしい操作については以下のMozilla Japanをご参照ください。(http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/ ))

【Thunderbird の初期設定】

初めてThunderbird を立ち上げると他のメールソフトからのデータ取り込み画面が出ることがあります。

初めてメールソフトを利用される方・設定などを取り込む必要がない方は、「設定をインポートしない」を選択して「次へ」をクリックします。

また、一度設定をしてしまった方は、設定確認手順を参考に、設定内容をご確認ください。

画面下部にある「メールアカウントを設定する」をクリックします。
(画面上部のメニューは利用できないため、何も入力しないでください)

メールアカウント設定画面が立ち上がります。

あなたの名前:
受信者側で表示されるあなたの名前です。

メールアドレス:
メールアドレスを入力します。

パスワード:
現在ご利用のパスワード(アカウント通知書記載の、メール受信用パスワード)を入力します。

「続ける」をクリックすると、上記の入力情報を元に設定状態を確認しますが、上記項目だけでは設定しきれないため、続けて左横に表示される「手動設定」をクリックします。
(ボタンを押すのが遅れるとエラーが出るため、素早く押すようにしてください、)

「手動設定」ボタンをクリックします。

メールサーバの設定を行います。

受信サーバのプロトコル
「POP3」を選択します。

サーバのホスト名(受信・送信共通)
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
※メールアドレスを元にメールサーバ名が設定されるため、先頭に「.(ドット)」が含まれたり、全く異なる情報が入ることがあります。
必ずアカウント通知書に記載されているメールサーバ名を入力してください。

ユーザ名(受信サーバ)
メールアドレスの一部が入力されているので削除し、アカウントを入力し直します。(メール受信用のアカウントです)
例:ma10001a (8文字)

ユーザ名(送信サーバ)
自動で受信用アカウントが入っています。続けて「@seikyou.ne.jp」を追加します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp

SSL(受信サーバ/送信サーバ)
「SSL/TLS」を選択します。
(「SSL/TLS」を選択すると、左の「ポート」が「995」「465」にそれぞれ変わります。)

認証方式(受信サーバ/送信サーバ)
「通常のパスワード認証」を選択します。

 

全ての入力後「完了」ボタンを押すことで、設定確認を行います。問題なければ設定完了になります。
(入力内容に誤りがあります、送受信テストが完了せず、本設定画面を終えることができません)

以上が、メール送受信に関する基本的な設定です。

各種ソフトウェアの設定