生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Outlook Expressのオプション設定

Outlook Expressのオプション設定

Outlook Expressの動作に関するオプション設定です。

初期設定のままですが、ご利用環境によっては変更されることをおすすめ致します。


【1.「オプション」画面の表示】

「ツール」メニューの「オプション」を選びます。

image21.gif

【2.送信形式の設定】

初期状態では、HTML形式でメッセージを送信するよう設定されています。HTML形式のメールは文字の色・サイズなどの修飾を施す他、画像を混ぜた表示を行える反面、迷惑メールなどで多用されていることから、受け手によっては好まないこともあります。通常は、テキスト形式で送信するようにしておき、HTML形式のメールを送っても構わない方のみ、メール作成画面にて設定を有効にされることをおすすめします。

image22.gif

「オプション」画面の「送信」タブををクリックし、メッセージの送信形式を設定します。

メール送信の形式:
「テキスト形式」を選びます。

ニュース送信の形式:
「テキスト形式」を選びます。

※一般電話回線でダイヤルアップ接続をされている方は「メッセージを直ちに送信する」のチェックは外しておいた方がよいでしょう。

メール送信形式」「ニュース送信形式」で「テキスト形式」を選んだあとで、それぞれの隣にある「テキスト形式の設定」をクリックします。

image23.gif

「メッセージ形式」を次のように設定します。

メッセージ形式:
MIME」を選びます。

エンコード方法:
「なし」を選びます。

8ビットの文字をヘッダーに使用する:
チェックしません。

設定が終わったら「OK」をクリックします。

【3.添付ファイルの取り扱いについて】

Outlook Express では、過去のバージョンで、添付ファイルが自動実行されることや利用者が安易に開いてしまうなどで、コンピュータウィルスが蔓延することとなっため、現在では特定のファイルを除き開くことができないようになっています。

ole42.gif
メールウィンドウ内に上記表示が出る場合が該当します。なお、表示上では「削除された」と出ていますが、ファイルそのものが削除されているのではなく、ファイルへのアクセスが拒否された状態です。
(画面写真の参考例は、コンピュータウィルスW32/Frethem.J-mm のものです)

なお、明らかにウィルスではないファイルについてもアクセスできない場合があります。下記手順で設定を解除してください。

ole41.gif

「オプション」画面の「セキュリティ」タブをクリックします。

「ウィルス防止」項目内、「ウィルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」を無効にします。

設定が終わったら「OK」をクリックします。

なお、不用意に安全でないファイルを開いていまわないためにも、通常は本機能は有効にしておくことをおすすめ致します。


各種ソフトウェアの設定