生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Outlook 2013の設定確認

Outlook 2013の設定確認

Outlook2013の設定確認についてご説明します。

メニュー項目から[ファイル](1)→「アカウント設定▼」(2)→「アカウント設定」(3)の順に選択してください。

電子メールアカウントなどの一覧画面が表示されます。

利用する電子メールアカウントを選択し、「変更」ボタンをクリックします。

設定されている電子メールの送受信に関する情報が表示されます。

電子メール設定の確認を行います。

名前:
ローマ字で氏名を入力します。
例:Taro Seikyou

電子メールアドレス:
電子メールアドレスを入力します。
例:Taro Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp
※「ニックネームアドレス」「SINGSメールアドレス」を取得されている場合にはそれらを入力します。

受信メールサーバ(POP3):
アカウント通知書に記載されているメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

送信メールサーバ(SMTP):
アカウント通知書に記載されているメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

アカウント名:
アカウント通知書に記載されているアカウントを入力します。
例:ma10001a

パスワード:
パスワードを入力します。

「メールサーバーがセキュリティで保護された〜」はチェックマークを解除します。

ウィンドウ右下、「詳細設定」ボタンをクリックします。


アカウント情報を設定します。

メールアカウント名:
そのままで構いません。

※メールアカウント名は設定項目の総称になります。
標準ではメールアドレスが入りますが、複数のプロバイダに加入しているときはわかりやすい名称に変更することもできます。
本項目はどのように入力されても、電子メールの送受信には影響しません。

「送信サーバー」タブを選択します。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要:
チェックマークを入れます。「次のアカウントとパスワードでログオンする」を選択し、アカウント名・パスワードを入力します。

アカウント名:
アカウント通知書に記載されているアカウントに「@seikyou.ne.jp」を付与して入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースにかかわらずアカウントの後ろは「@seikyou.ne.jp」となります。

パスワード:
メール受信と同じパスワードを入力します。

「詳細設定」タブを選択します。

このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:
チェックマークを入れます。
※本項目と連動して、上記「受信サーバー」が「995」に自動的に変わります。

受信サーバー(POP3):
「995」と入力します。

使用する暗号化接続の種類:
「SSL」を選択します。

送信サーバー(SMTP):
「465」と入力します。

※サーバーにメッセージを置く設定は、標準のままで構いませんが、削除する日付は必ず指定してください。サーバーに残したままにしておくと、サーバー側の容量超過時に新着メールを受け取れなくなります。標準設定では14日間サーバーに残した後削除します。

「OK」ボタンをクリックします。

インターネット電子メール設定の画面に戻りますので「次へ」ボタンをクリックします。

この後、アカウント設定のテストを実施します。

電子メールアカウントの画面に戻りますので「完了」をクリックします。

以上で設定は終了です。

各種ソフトウェアの設定