生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Outlook 2011の基本設定

Outlook 2011の基本設定

※2012年5月現在の情報になります。今後、ソフトウェアアップデートで画面内容が変更になることがございます。

Outlook 2011をDockなどから立ち上げます。

Outlook 2011の設定が行われていない場合、Outlook 2011を立ち上げると設定画面になります。

設定画面が表示されないときは、メニューバーの「ツール」より、「アカウント」を選択します。

「電子メールアカウント」をクリックします。

アカウント情報の入力欄になります。

メールアドレス:
電子メールアドレスを入力します。正しく記載されませんと返事が届きません。
 例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp

「自動構成」チェックボックスが操作できる、必ずチェックマークを外して下さい。

パスワード欄をクリックすると、その他の項目の入力欄が表示されます。

パスワード:
メールを受信するためのパスワードを入力します。

ユーザ名:
アカウント通知書のアカウントを入力します。
例:ma10001a
※接続コースに関わらず、アカウントのみを入力します。識別子は不要です。

種類:
「POP」を選択します。

受信用サーバー:
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

※「SSLを使用して接続する(推奨)」を有効にします。

送信用メールサーバー:
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

※「指定のポートを使用する」・「SSLを使用して接続する(推奨)」を有効にします。ポート番号を「25」から「465」に変更します。

入力が終わりましたら、右下「アカウントの追加」をクリックします。

アカウント編集画面に切り替わります。

氏名:
MacOSに設定された名称が表示されます。必要に応じて修正しましょう。
(画面内では漢字氏名からローマ字氏名に変更しています)

その他のオプション:
送信設定に必要な情報を追加します。クリックしてください。

送信サーバーに関する設定です。

認証:
「ユーザ名とパスワード」を選択します。

ユーザ名:
アカウント通知書のアカウントに、「@seikyou.ne.jp」を追加入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースに関わらず、アカウントの後ろには「@seikyou.ne.jp」となります。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

入力が終わりましたら、「OK」をクリックします。元の画面に戻りましたら、右下「詳細設定」をクリックします。

見出しより「サーバー」を選択します。

各メッセージのコピーをサーバー上に残す:
初期状態では「サーバーからのコピーを削除」が「削除しない」になっています。この設定のままではメールサーバーにメールが蓄積され続け「メール受信時の遅延」「サーバー容量超過により新着メール不着」の可能性があります。
チェックマークを外すか「サーバーからのコピーを削除」を「1週間後」など一定期間経過後削除する設定にしておきましょう。例では「1週間後」にしています。

「OK」ボタンを押してウィンドウを閉じます。

以上で初期設定は完了です。画面左上赤丸ボタンをクリックして、設定を保存して画面を閉じます。