生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

Mail3の基本設定

Mail3の基本設定

※2008年11月現在Ver.3.5が最新版になります。本ページは最新版で作成しているため、一部ご利用の画面と異なることがございます。

MailをDockなどから立ち上げます。

Mailの設定が行われていない場合、Mailを立ち上げると設定画面になります。設定に必要な項目を順に入力します。

氏名:
メール差出人の名前になります。

メールアドレス:
電子メールアドレスを入力します。正しく記載されませんと返事が届きません。
 例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp

パスワード:
メールを受信するためのパスワードを入力します。

「続ける」をクリックします。

アカウントの種類:
「POP」を選択します。

説明:
設定に付ける名称です。ここでは「seikyou」としています。

受信用メールサーバ:
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

ユーザ名:
アカウント通知書のアカウントを入力します。
例:ma10001a
※接続コースに関わらず、アカウントのみを入力します。識別子は不要です。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

「続ける」をクリックします。

設定中のパソコンがインターネットに接続している場合には、設定が正しく行われているかどうかの確認が行われます。インターネットに接続していない場合には上記画面となります。異常ではありませんので「続ける」をクリックします。

受信メールのセキュリティ設定画面です。画面写真のようにします。

SSL(Secure Sockets Layer)を使用:
チェックマークを入れます。

認証:
「MD5チャレンジ応答」もしくはを選択します。

送信用メールサーバの設定です。

説明:
設定に付ける名称です。ここでは「seikyou」としています。

送信用メールサーバ:
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

認証を使用:
チェックマークを入れます。

ユーザ名:
アカウント通知書のアカウントに、「@seikyou.ne.jp」を追加入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
※接続コースに関わらず、アカウントの後ろには「@seikyou.ne.jp」となります。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

設定中のパソコンがインターネットに接続している場合には、設定が正しく行われているかどうかの確認が行われます。インターネットに接続していない場合には上記画面となります。異常ではありませんので「続ける」をクリックします。
※上記メッセージが表示されずサーバーとの接続状態のままになる場合は、「キャンセル」ボタンを押すことで先に進めることができます。
なお、続けて「キャンセル」を押してしまうと設定画面そのものが消えてしまう(注:確認画面は出ません)ため、エラー画面が出るまでしばらく待った方がよいでしょう。

送信メールのセキュリティ設定画面です。画面写真のようにします。

SSL(Secure Sockets Layer)を使用:
チェックマークを入れます。

認証:
「MD5 チャレンジ」を選択します。

入力内容の確認画面です。内容に問題がなければ右下「作成」をクリックします。

続けて設定の修正を行います。(設定作成後、アカウント画面が表示されることがあります。)

メニューバー内「Mail」から「環境設定」を選択します。

ウィンドウ上部の「アカウント」をクリックします。

左横のアカウント設定から利用しているアカウント情報を選択します。
(通常のご利用では設定は一つのみとなりますので、この操作は不要です)

「アカウント情報」をクリックします。

説明:
設定に付ける名称です。ここでは「seikyou」としています。

メールアドレス:
電子メールアドレスを入力します。ニックネームアドレス・SINGSメールアドレスなどを入手した場合には本項目を修正します。
 例:Taro.Seikyou@ma1.seikyou.ne.jp

氏名:
メール差出人の名前になります。

受信用メールサーバ:
アカウント通知書記載のメールサーバを入力します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

ユーザ名:
アカウント通知書のアカウントを入力します。
例:ma10001a
※接続コースに関わらず、アカウントのみを入力します。識別子は不要です。

パスワード:
アカウント通知書記載のパスワードを入力します。

「送信メールサーバ(SMTP)」のプルダウンメニューを選択し、「サーバリストを編集」を選択します。

使用可能なメール送信サーバの一覧が表示されます。(通常は一つです)

画面中程「アカウント情報」を選択します。


サーバ名:
アカウント通知書記載のメールサーバが入力されていることを確認します。
例:ma1.seikyou.ne.jp

画面中程「情報」を選択します。(Mailのバージョンによって若干画面が異なります)

●Ver3.5

サーバのポート:
「デフォルトポートを使用(25,465,587)」を選択します。

SSL(Secure Sockets Layer)を使用:
有効にします。

認証:
「MD5 チャレンジ応答」を選択します。

ユーザ名:
アカウント通知書に記載された「アカウント」に「@seikyou.ne.jp」を付与して入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
(フレッツ・ISDN/ADSL、Bフレッツなど接続コースに関係なく「@seikyou.ne.jp」で固定です。)

パスワード:
アカウント通知書に記載された「パスワード」を入力します。

「OK」をクリックして設定を保存します。

●Ver3.2

サーバのポート:
「465」を入力します。

SSL(Secure Sockets Layer)を使用:
有効にします。

認証:
「MD5 チャレンジ応答」を選択します。

ユーザ名:
アカウント通知書に記載された「アカウント」に「@seikyou.ne.jp」を付与して入力します。
例:ma10001a@seikyou.ne.jp
(フレッツ・ISDN/ADSL、Bフレッツなど接続コースに関係なく「@seikyou.ne.jp」で固定です。)

パスワード:
アカウント通知書に記載された「パスワード」を入力します。

「OK」をクリックして設定を保存します。

 

「詳細」を選択します。

メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから取り除く:
初期状態では「有効」になっています。残す期間は「すぐに取り除く」「1日後」「1週間後」「1ヶ月後」「”受信”トレイから移動したとき」が選択できます。
「今すぐ取り除く」ボタンをクリックすると、サーバ内の既読メールを削除することができます。

メールサーバにメールを残す必要がなければ、本設定は「解除」するか「1日後」・「1週間後」に削除するようにすると良いでしょう。

ポート:
「995」を入力します。

SSLを使用:
有効にします。

認証:
「MD5チャレンジ応答」を選択します。

 

アカウント設定完了後、上記の画面となることがあります。左上の赤い丸をクリックすると、ウィンドウが閉じ設定が保存されます。

各種ソフトウェアの設定