生協インターネットは、大学生協が運営する安心・安全のインターネットプロバイダーです。会員のお客様向けの情報を掲載しています。

フレッツADSL/ISDN

フレッツADSL/ISDN

【ご利用前のご質問】 【ご利用中のご質問】 【フレッツ・ADSLサービスについてのご質問】 【フレッツ・ISDNサービスについてのご質問】 (2014年2月15日更新)
※金額のみ記載の箇所は、消費税8%を含む金額です。

ご利用前のご質問

【使いほうだいフレッツコースとはどのようなコースですか?】

NTT西日本、NTT東日本が提供するインターネットのための接続サービス、「フレッツISDN」「フレッツADSL」を生協インターネットで利用するためのコースの事です。
このコースをご契約いただきますと、一定の利用料金で24時間いつでも好きなときにインターネットへの接続ができます。


【フレッツADSLとフレッツISDNの違いを教えてください】

常時接続という点では同じですが以下の点で異なります。

  フレッツ・ADSL フレッツ・ISDN
通信速度 1.5〜47Mbps
(理論速度のため、環境によって異なります)
最高64kbps
値段 約2,900円/月
(基本料金+モデムレンタル料込み 約5,500円)
※タイプ1の場合
約2,800円/月
(基本料金込み約5,600円/月)
接続先電話番号の概念が… ない ある
(1492 に発信)
必要な機器 ADSLモデム ターミナルアダプタ
(もしくはダイヤルアップルータ)
設備的に… NTT局舎から離れすぎると使えない、
途中の回線が光ファイバーー化されていると使えない
ISDNが使える地域ならば概ね利用可能
その他 無線機能やIP電話サービスなどが利用できる機器がある ・2003年頃よりターミナルアダプタの新製品は未発売
(既存製品について、最新OSでご利用になれない可能性があります)
・NTTにて2025年を目処に、ISDN回線の廃止予定
NTT東日本発表資料NTT西日本発表資料

※記載の料金は、消費税8%を含みますが、複数のサービスをご契約の場合は実際の請求額が異なる場合がございます。

接続速度に大きな差がある事を除き、常時接続という点では共通です。


【使いほうだいフレッツコースを利用するためには、どのような手続きが必要ですか?】

使いほうだいフレッツコースをご利用いただくためには、以下の手続きをお取りください。

  1. 最寄りのNTT窓口まで利用したいフレッツサービス(ADSLもしくはISDN)を申し込む。
  2. 申し込み後、利用可能となりましたら工事日に関する連絡がNTTから入ります。(申し込み当日〜1週間程度)
  3. 工事日に会わせてコース変更を行います。生協インターネットのコース変更手続きをお取りください。
    くわしくはこちら(コース変更概要)をご覧ください。
  4. 工事日の数日前にNTTからフレッツサービスに関する資料(ADSLの場合は機器類)が届きます。
  5. 工事日になりましたら、NTTからの設定書類などを参考のうえ、コンピュータに設定を行ってください。
  6. フレッツ接続サービスでの利用が可能となります。

一連の流れにつきましては、フレッツISDN/ADSLの「開通までの流れ」をご覧ください。



【利用料金はどうなりますか?】

毎月、生協インターネット利用料金(「通常・使いほうだいフレッツコース」or「安心・使いほうだいフレッツコース」)が必要です。
これとは別にNTTのフレッツ料金が必要になります。
※合計で約5,000〜7,000円になります。


【利用時間帯の制限はありますか?】

利用時間帯・利用時間数の制限はありません。

何時間お使いいただいても、生協インターネット利用料金、NTTにお支払いいただく電話料金(フレッツ料金)は一定です。

なお、インターネット利用に伴う料金が定額となるのは、フレッツサービスをお申し込みされた回線から、フレッツADSLもしくはフレッツISDNにて接続した場合に限られます。
生協インターネットのアクセスポイント(0570-00-5370 など)にダイヤルアップ接続した場合は、別途電話料金がかかりますのでご注意ください。
またフレッツ・ISDNに関しては、フレッツサービスをお申し込みされていない場所(登録された電話番号)以外からの接続は、設定如何に関わらずご利用になれません。


【ダイヤルアップによる接続は可能ですか?】

ダイヤルアップ用アクセスポイントもあわせてご利用可能です。
ただし、多重ログインとなる使い方(例:フレッツADSLとフレッツISDN、フレッツISDNとダイヤルアップなど)との同時接続を行うことはできません。


【フレッツ光(Bフレッツ)サービスでの利用はできますか?】

フレッツ光(Bフレッツ)サービス(ファミリー・マンションタイプ)でのご利用はできません。
別途、対応コースでの契約が必要になります。


【私の住んでいるところで利用できますか?】

生協インターネットの使いほうだいフレッツコースは、全都道府県にてお申し込みを受け付けています。
ただし、NTT側の設備上の都合により、お住まいの地区にてフレッツADSL、フレッツISDNが利用できない場合があります。ご利用を検討されている方は、あらかじめNTTにフレッツサービスの対応状況をお問い合わせください。


【ずっと接続したままにできるのですか?】

フレッツサービスは、サービスの性質上、長時間つなげたままにすることができます。

しかしながら、NTTのフレッツ接続網生協インターネットのメンテナンス障害発生中は切断されます。メンテナンス情報を定期的にご覧ください。
(生協インターネット事務局からのお知らせ )
(NTT東日本のホームページ )
(NTT西日本のホームページ )

なお、長時間接続したままにしていると外部からのインターネットを介した攻撃を受ける可能性が高くなります。IP電話サービスをご利用されていない方については、インターネットへの接続をしていない間は切断しておくことをお勧めいたします。


【生協インターネットのサービスの利用に制限はありますか?】

ポート制限などは設けておりませんので、ネットゲームなどのご利用に支障はありません。

ただし、他の方の通信を阻害するほど量のデータ転送を行っている方につきましては、通信量の制限をさせていただくことがあります。
(例:Webサーバ設置、P2P利用


【話し中はありますか?】

フレッツの仕組み上、話し中はありません。

※契約外の電話番号からの発信、異なる機器からの発信では接続いただくことはできません。フレッツISDNでご利用の方が、アナログモデムを利用する設定で誤って接続したときには、話し中のエラーメッセージが表示されます。


【データ転送速度はどうですか?】

NTTフレッツサービス網の品質については生協インターネットでは保証いたしかねますが、フレッツ網と当サービス間の回線については常に監視いたしております。

システムについてはNTTのWebpageをご参照ください。またフレッツADSLをご利用の場合、NTT局社までの距離に応じて接続速度は変動いたします。回線品質によってはダイヤルアップと同程度になることもあります。
NTT東日本:フレッツISDN サービス内容
NTT東日本:フレッツADSL サービス内容
NTT西日本:フレッツISDN サービス内容
NTT西日本:フレッツADSL サービス内容
なお、フレッツADSLに関しましては、長時間ADSLモデムの電源を入れたままにしている場合に、通信速度が低下する場合があります。その場合は一度ADSLモデムの電源を再投入してください。


【IPアドレスは固定ですか?】

生協インターネットでは固定IPアドレスサービスは提供しておりません。
接続するたびに異なるIPアドレスが割り当てられます。(グローバルIPアドレスでの発行になります)
ただし、切断してからすぐの再接続ではIPアドレスが変わらない場合があります。この場合、時間をおいてつなぎ直すことで異なるIPアドレスが付与されます。

※ブロードバンドルータをお使いの方は、ご利用コンピュータには機器よりプライベートアドレスが割り当てられます。

ご利用中のご質問


【設定方法をおしえてください】

「使いほうだいフレッツコース 設定変更方法」 をご覧ください。なお、ダイヤルアップルータ(ISDN)ブロードバンドルータIP電話アダプタ(ともにADSL)を併用される方は、必ずご利用機器の説明書に沿ってコンピュータの設定を行ってください。
※「フレッツ」サービスの契約と当方へのお申し込みが完了していない場合、設定を変更してもフレッツ接続サービスをご利用いただくことはできません。


【接続はできますが、電子メール送受信時にダイヤルアップ接続の画面になります】

ご利用機器をブロードバンドルータに変えたときに、起こることがあります。
これは、メールソフト内にてインターネット接続設定を個別指定できるものがあるため、環境変更に際してそのように動作するためです。

メールソフトの設定変更が不明な場合は、直接生協インターネット事務局までお問い合わせください。

【ユーザー名パスワードに誤りがあるようなエラーメッセージが表示されます】

これは、ユーザー名またはパスワードに誤りがある場合に表示されるエラーメッセージです。ユーザー名に正しいアカウントと識別子を入力頂いているか、パスワードの大文字小文字を正確に入力いただいているか、再度ご確認ください。フレッツADSL/フレッツISDNでの接続の場合、識別子(入力例)は下記の通りです。

接続方式 識別子 接続ユーザー名 (アカウント例:ma10001a)
フレッツ・ADSL @seikyou.ne.jp ma10001a@seikyou.ne.jp
フレッツ・ISDN
※参考 ダイヤルアップ

ユーザー名やパスワードを正確に入力されているのに同じエラーが出る場合、契約コース違いや契約有効期限切れ(月初に多いです)などの可能性があります。事務局までお問い合わせください。


【今まで使えていたのに急に利用できなくなりました】

フレッツサービスの様に常時接続可能な環境の場合、何らかの外的要因で接続機器の動作が不安定になり、接続ができなくなる事があります。その際には、一度次の方法で接続機器の再起動をお試しください。

  1. パソコン、通信機器(ターミナルアダプタ、ADSLモデム)、ご利用であればルータ、 無線機器などの電源を全て切る。
    (通信機器に電源スイッチが存在しない場合は、コンセントを抜いてください。)
  2. 1分ほど置いておく。
  3. 通信機器(ターミナルアダプタ、ADSLモデム) → (ご利用であればルータ、無線機器) → コンピュータの順に電源を入れる。

以上の方法で機器の再起動が行われますので、その後、接続を再度お試しください。
状況が改善しない場合は、障害やメンテナンス、回線の不具合、ご契約有効期限切れなどの可能性も考えられますので、事務局までお問い合わせください。


【引っ越した先で、フレッツADSL/フレッツISDNの契約ができないのですが、どうしたらいいですか?】

転居先がフレッツ接続可能な地域であった場合は、NTTへ再度フレッツサービスをお申し込みいただくだけでご利用可能です。当方での特別な手続きは不要ですが、通常の接続サービスをご利用されているときと同様住所変更の手続きをお取りください。

NTT側の都合等で他フレッツサービスを利用せざるを得ない場合は、利用できるフレッツに対応したコースに変更する必要がありますので、事務局までお問い合わせください。


【出先でも使いたいのですができますか?】

出先にもフレッツADSLもしくはフレッツISDNの環境がある場合は、ユーザー名パスワードを設定していただくことでご利用可能です。
※ご自宅との同時利用はできません(多重ログインの禁止)
※現地のコンピュータをご利用されるときには、利用者の許可を得、元に戻せることを前提に使用してください。ご利用に伴って発生した損害につきましては当方はいかなる責任も負いません。

フレッツ・ADSLサービスについてのご質問


【ADSLって何ですか?】

Asymmetric Digital Subscriber Line」の頭文字を取ったものです。既存の電話線を使って高速なデジタルデータ通信をする技術の一つで、上り(利用者→電話局)と下り(電話局→利用者)の通信速度が「非対称(asymmetric)」になっています。

電話の音声を伝えるのには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なうため、「電話とインターネットを同時に使う」ことができる仕組みです。(※)
※タイプ1の場合のみ。タイプ2はADSL専用契約のため、電話の利用はできません。


【ベストエフォート型・理論値とはどういう意味ですか?】

ベストエフォートとは、日本語では品質非保証などとも呼ばれます。
640kbpsサービスは、最高で640kbpsの速度が出るサービスです(=理論値)。しかしながら、環境などの影響でそれ以下になる場合もあり、常に必ず640kbpsのスピードが出るとは保証できないという意味です。

この場合の「環境などの影響」には、電話回線の長さ(NTT局舎からご自宅までの距離)、AMラジオ・鉄道・工場などのノイズなどがあります。

また、インターネット全体がベストエフォート型であるため、インターネットやサーバ側の混雑などの要因によって実際の転送速度は変化します。

NTT東日本 線路情報開示システム:
(http://www.ntt-east.co.jp/line-info/)
NTT西日本 線路情報開示システム:
(http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html)


【ADSL速度の低下を防ぐ方法などはありますか?】

電話線の距離が長くなるにつれ、周波数帯域によっては信号の減衰などにより相手先にデータが届かなくなる特徴があります。結果として、一度に送ることのできるデータ量が減少します。一般の音声通話では影響はあまりありませんが、ダイヤルアップなどとは異なりそのような周波数帯域を用いて高速なデータ通信を行っているADSLでは、距離によるデータ損失により結果として通信速度の低下となります。
自宅からNTT局舎までの距離が遠い場合は、ADSLの仕組み上これより速い速度を望むことは難しいと言えます。
また速度低下の原因としては「ノイズの影響」があります。データ通信に用いている周波数帯域と重なる帯域にノイズが混じると、データに欠損が生じ結果として速度低下となります。ノイズが発生する原因には、

  • 宅内で電話線が分岐していて別のモジュラージャックがあり、そこにスプリッタをつけずにファックスや電話を接続している(1階と2階に電話機が取り付けられる場合など)
  • NTT収容局から自宅までの間に、鉄道、幹線道路、工場、などがある
  • ガスなどの自動検針装置がついている
  • 電話線を利用したインターフォン、ドアフォンなどがついている
などがあります。これらの中には配線の切り替えやサービス内容の変更などによりノイズを軽減できる場合があります。機器・サービス提供業者にお問い合わせください。

【1本の回線で、複数の電話機やファックスを同時に接続することはできますか?】

タイプ1(電話共用)をご利用の場合、1回線に対して電話機1台での利用をお勧めします。ご自宅の各部屋に電話配線があり、各部屋で電話機などを取り付けることができる場合には、電話線の大元の部分(分岐する手前の部分)にスプリッタを接続することになります。
スプリッタを経由した配線を、再度宅内配線に戻す工事につきましてはお客様宅内の電話配線を行った工事業者にご相談ください。


【ISDN回線で利用することはできますか?】

ADSLはアナログ回線専用のサービスのため、ISDN回線でご利用いただくことはできません。現在ご利用のISDN回線をアナログ回線に戻していただくか、新規にADSL専用(タイプ2)でのお申し込みをされるか、のどちらかになります。二つの電話番号をご利用されている場合には、新規に電話回線を引かれた方がよいでしょう。

いずれの場合もNTT月額料金のみ記載(本体価格のみ)
 工事費用や、通話に使用した電話料金、生協インターネット利用料は別途かかります。

○ パターン1:ISDN回線はそのままに、タイプ2でADSL回線を用意した場合

サービス名称 月額費用
ISDN回線基本契約料 INSネット64 2,780円、 INSネット64・ライト 3,030円
タイプ2ADSL利用料 約5,500円
合計(およそ) 約8,000円

○ パターン2:ISDN回線をアナログに切り替え、アナログ回線をもう1本追加。アナログ回線2本で利用(内1本にてADSL契約)

サービス名称 月額費用
アナログ回線基本料(1本目) 約1,800円
アナログ回線基本料(2本目) 約1,800円
タイプ1ADSL利用料 約3,400円
合計(およそ) 約7,000円

現在のご利用状況(電話番号を複数利用しているか否か)によって選択の仕方が変わってきます。くわしくは最寄りのNTT窓口にご相談ください。


【「指定した宛先に到達できません」などのメッセージが表示される】

「指定した宛先に到達できません」と言った内容のエラーメッセージが出る場合、コンピュータのLAN機能が無効になっているか、ADSL回線に何らかの障害が起きている可能性があります。ADSLモデムの取扱説明書を参考に、ランプの点灯具合を確認し、正常に点灯していないランプがありましたら、該当する部分をご確認ください。
ADSLランプが点滅消灯している場合はNTTにお問い合わせください。


【ブロードバンドルータを利用しています。コンピュータを一台増やしましたが、どのような設定が必要ですか? 】

一般的には、ブロードバンドルータ側の設定は不要です。無線LANでは無線固有の設定がありますが、有線LANではケーブルを接続するだけでご利用頂けます。
ただし、ホームページの閲覧はできますが、電子メールサービスの追加利用を検討する場合には、「追加メールアドレスサービス(有料)」などをご利用ください。



【自分の使っている機器がルータ機能内蔵かどうかわかりません 】

ご利用機器の取扱説明書を参照し、よく分からない場合は製造元にお問い合わせください。


【回線はタイプ1とタイプ2のどちらを選べば良いでしょうか】

機能面での差はありません。料金利便性でお選びください。

  電話加入権
(施設設置負担金)
電話契約 必要機器 電話利用 マイライン
割引
タイプ1
(電話共用型)
加入電話 ADSLモデム
+スプリッタ
不要 加入電話・ライトプラン
タイプ2
(インターネット専用型)
不要 - ADSLモデム 不可

>

フレッツ・ISDNサービスについてのご質問


【アナログ回線でも使うことはできますか?】

フレッツISDNはISDN回線専用のサービスです。アナログ回線でご利用の方はフレッツADSLをお申し込みください。


【128Kbps通信(マルチリンク接続)はできますか?】

フレッツISDNの仕様上、128Kbpsでの通信はできません。64Kbpsでご利用ください。


【フレッツISDNの契約をしたのですが、高額な電話料金の請求が来ました】

ご利用開始日と請求書の締め日によっては、フレッツISDNご契約後の料金が反映されていない場合があります。請求書を今一度ご確認ください。
利用開始日から数ヶ月経っているにもかかわらず高額な電話料金の請求が届いている場合には、コンピュータの設定が適切に切り替わっていない可能性があります。フレッツISDNでの利用が正しくできているかどうか心配な方は、生協インターネット事務局までご相談ください。


【ダイヤルアップルータを利用しています。コンピュータを一台増やしましたが、どのような設定が必要ですか?】

一般的には、ダイヤルアップルータ側の設定は不要です。無線LANでは無線固有の設定がありますが、有線LANではケーブルを接続するだけでご利用頂けます。
ただし、ホームページの閲覧はできますが、電子メールサービスの追加利用を検討する場合には、「追加メールアドレスサービス(有料)」などをご利用ください。

※ターミナルアダプタの新製品が発売されなくなった2003年頃より、ダイヤルアップルータの新製品は発売されていません。


【フレッツADSLに変えたいと思っています。どういう手続きを取ればいいですか?】

フレッツISDNをご利用頂ける生協インターネットの「使いほうだいフレッツコース」は、フレッツADSL、フレッツISDNの両方でご利用頂けます。
NTTへの回線変更手続きをすすめてください。生協インターネットへのコース変更手続きは不要です。

よくあるご質問